1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. 専務取締役 岡本直人

専務取締役 岡本 直人

専務取締役岡本 直人

岡本工業は、お客様や協力業者様と同様に
仲間を大切にする会社です。

2008年10月入社

入社経緯と、業務内容を教えてください。

茨城県にUターンして岡本工業に入社するまでは、東京で別な仕事をしていましたが「いずれ故郷に戻って家業を継ぐだろうな」という気持ちでした。私の業務内容としては、お取引先様との打ち合わせ、工事現場の品質管理や工程管理、現場で使う材料の手配、見積書の作成など、工事に関すること全般です。

仕事で心がけていることは?

お取引先様であれ、社員さんであれ、協力業者の職人さんであれ、しっかり相手の言葉に耳を傾けることが大事と捉え、実践しています。もし内容的に難しいものであっても、まず「できない」や「無理」とは言わない。どうしたらベストな対応ができるかを考えます。たとえ相手の思う結果にならなかったとしても、話をきちんと聞いてもらえたということで安心感を覚える場合もありますから。真剣に向き合って話さないと実際のところは見えませんし。

働いていて大変なことと嬉しいことは?

細かな部分できっと大変なことも起きているのでしょうが、そう感じてはいません。性格的に何かあっても、後に引きずらない性格なのだと思います。大変なことがあっても覚えていない、というのが正直なところ。逆に嬉しいのは、やはり建物の進捗状況を確認した時ですね。当社の作業は鉄骨ができてから。屋根や外壁ができあがっていく様を確認できる。そして完成後には「この建物は自分たちが手がけたのだ」と誇らしい気持ちにもなります。地域貢献の面でも、目に見えて形に残ります。本当に達成感が大きい仕事です。

今後の目標を教えてください。

私たちが手がける仕事に、全く同じという物はありません。これからも実績を積み重ね、関わってくださる皆様に対し、信用第一、安全第一、技術第一であることを理念として、次代に向かって歩み続けます。会社全体のことを考えるのが個々のベースアップにも繋がると思いますので。

会社としての展望について教えてください。

岡本工業は規模として決して大きな会社ではありません。これからも大規模な組織を目指すことはないでしょう。なぜかと言えば、現在、働いてくれている仲間を大事にしたいからです。世の中の状況も認識しながらリスクを回避しつつ、様々な事業の可能性を探り行動しています。当社の技術力を高めることで、ストロングポイントを上げていきたい。そう考えています。