屋根・外壁工事、廃棄物処理の
株式会社 岡本工業
 HOME ・ お問い合わせ ・ プライバシーポリシー ・ リンク

地球に優しい有機物分解セラミックス生成装置
ERCMとは?
ERCMは、あらゆる有機廃棄物を熱分解してセラミックス状の灰に転換する装置です。
●廃棄物は二重ダンパシステムから1日に2~3回、炉内に投入されます。
●有機廃棄物は、炉内で乾燥および熱分解されます。
●炉全体に均一に供給される空気によって、排ガスが急冷され熱分解反応が停止します。
●非常に狭い熱分解帯は1000℃程度の高温に達していますが、その他の炉の大部分は100℃程度の低温に
  維持されます。

ERCMの動作原理

ERCM装置の一例
①廃棄物投入口 ④熱分解室 セラミックス状灰回収装置 ⑩排気滞留槽 ⑬凝縮水濾過装置
②上・下段ダンパー ⑤セラミックス状灰 ⑧排気放冷室 ⑪活性炭槽  (活性炭・木炭・ゼオライト)
③投入口開閉装置 ⑥空気投入口 ⑨排ガス洗浄装置 ⑫酸化触媒装置 ⑭下水放流

ERCMの商業施設例




▲茨城県鹿嶋市衛生センター内 稼働中写真 現地見学可能
 (15型の商用プラント)
排ガス測定データ(酸素濃度12%換算値)
 項目  測定値  基準値
 窒素酸化物(ppm)  45-65  300
 塩化水素(mg/N㎥)  32  700
 煤塵(mg/N㎥)  4.4  150
 ダイオキシン類(ng-TEQ/N㎥)   2.6  5

ERCMの利点(従来の焼却炉と比較して)
●補助燃料なし。
●減容率が高い。
●環境汚染物質の排出が少ない。
●設備費、運転費、保守費が安い。

ERCM分離液(炭化水素油)
<投入原料により区分>
・エマルジョン燃料
・農業用資材(防虫・消毒)
・排水処理
ERCMの残留物(セラミックス無機物)
・ERCM残渣物(セラミックス無機物)(標本写真)

建設廃材 鶏糞 牡蠣/帆立 下水汚泥 焼却灰

・ERCM残渣物のセラミックス粒子(標本写真)

径6~10㎜ 径3~4㎜ 径1~2㎜ ERCM残渣物から成型した円盤(径15㎝×厚さ3㎝)からは遠紫外線が放出されるため、様々な用途に適用されます。
植物系残渣物(セラミックス無機物)は、特にミネラル分を含む有機セラミックスで多目的な利用が可能です。

推薦者からひと言

この「有機物分解セラミックス生成装置(ERCM)は、地球温暖化などの病める地球を救うべく出現した“夢の装置”です。
これまでの「燃焼」ではなく、「セラミックス、電子発生ユニット等を用いた分解装置」による全く新しいシステムで、無公害、無騒音、無振動であります。私は、地球を救うこの装置を自信を持ってお奨めします。

信州大学 名誉教授 工学博士 岡崎光雄

■日本・米国の特許
商標登録証 日本特許証 米国特許証 Patent No.US7,648,615B2 Jan,19,2010

■トラックデモンストレーション(有料貸出し可能)
このページのトップに戻る

 HOME ・ お問い合わせ ・ プライバシーポリシー ・ リンク